墓じまいをする手順とは

subpage01

墓じまいとは、管理ができなくなったお墓を処分することで、遠方にあるのでお墓参りに行くことが難しくなった、お墓を継ぐ人がいないなどの理由で墓じまいを考える人が増えています。

All Aboutの詳細についてはこちらです。

その手順ですが、まず親戚に墓じまいをする理由を告げて、寺院にお墓がある場合は早めに相談しましょう。
そしてこれまで埋葬されていた遺骨を、別のお墓に移動するのか、寺院などにある永代供養墓に合葬するのか、行先を決めましょう。永代供養墓とは、寺院や墓地管理者が永代にわたって、供養と管理をするお墓のスタイルのことで、独身の人や子供のいない夫婦などが選択する場合があるようです。それから、遺骨を移動することを改葬といい、自治体に改葬許可証を発行してもらう必要がありますが、自治体や地域によって手続きが異なる場合もあるので、手続き方法を確認したほうが良いでしょう。
また土葬の遺骨があった場合は、受け入れ先の墓地で土葬の遺骨の埋葬を禁じていることが多いため、火葬しなけらばならないので、火葬許可証が必要になります。



そして墓じまいをする際には、墓石を撤去して墓所を更地の状態で寺院などの管理者に返却しなければならないので、工事を請け負ってくれる石材店を探しましょう。


その時に遺骨を取り出す作業も行うので、法要などを営む場合もあります。



うまく事が運べば1ヶ月くらいで墓じまいが完了しますが、親戚や寺院との話し合いが長引いたり、遺骨の移動先がなかなか見つからず時間がかかってしまう場合があります。

しかし、急いで行うとトラブルになる可能性もあるので、じっくりと時間をかけて行うほうが良いでしょう。