自然葬の一つ、樹木葬について

subpage01

最近の新しい形の供養方法として注目を集めている自然葬の一つに、樹木葬という供養方法があります。一般的に故人の遺骨はお墓の下に埋蔵するのですが、樹木葬はお墓の下ではなく山に草花や樹木を植えてその下に故人の遺骨を埋めることをします。

有名なlivedoorニュースをご紹介いたします。

死後にお墓を持ちたくない方や自然が大好きでその中に還りたいと希望する方に、自然葬である樹木葬はぴったりなのではないでしょうか。

他の自然葬である海への散骨などと同様に、樹木葬も何の許可なく個人的に山に樹木を植えて遺骨を埋めるのは違法な行為となり罰せられます。樹木葬を自分の供養方法として選択されたい場合には、認可を受けている正規の業者に手配を頼んで法律的に問題のない方法で行いましょう。
樹木葬を選ぶとして決めておかなくてはならないことが、一つの区画に個別に遺骨を埋めてもらうか他の人の遺骨と一緒に埋めてもらうかについてです。
個別に埋めてもらう方法は普通の墓石と同じく、故人1人の遺骨に対して1本の樹木を植えてもらえます。



他の人の遺骨と一緒に埋めてもらう方法は、1人に対して1本の樹木が植えられるのと違い1本の樹木の下に複数の人の遺骨が埋められます。

遺族が故人を偲びやすいようにしたいようなら、個別に埋めてもらう方法を選ぶと良いでしょう。

1本の樹木の下に複数の人の遺骨が埋められる方法は故人を識別して偲びにくいというデメリットがありますが、その分で個別に埋める方法よりも費用の面では抑えることが可能です。