今ニーズが高まっている永代供養墓とは

subpage01

近年、少子化や高齢化が進む中、お墓の管理について考える人が増えています。

今までは代々受け継いだお墓を守っていくというのが、日本では常識となっていましたが、後を継ぐ子供がいなかったり、維持管理にお金がかかるため、子供に迷惑をかけたくないという人も増え、永代供養墓のニーズが高まっています永代供養墓とは、お墓参りできない人に代わってお寺や霊園が、決められた期間代わりに管理・供養をしてくれるお墓のことです。



永代供養墓のメリットは、新規にお墓を建てるよりも費用を抑えることができる点があげられます。

特に都会でお墓を建てようと思っても、ほとんど場所が見つかりませんし、あったとしてもかなり高額な場合が多いため、建てたくても建てられないという人が少なくありません。
またお墓があっても後を継ぐ人がいなかったり、現在住んでいる場所から遠くにあって、なかなかお墓参りにいけないという場合には、近くに移すこともできるので、おすすめです。



また最近では、ビルの中の永代供養墓も増えてきています。お墓参りは掃除に手間も時間もかかりますが、永代供養墓なら常にきれいな状態を保つことができます。

ガジェット通信情報は初心者にも分かりやすいです。

都会の駅周辺で交通の便も良いところも増え、天候を気にせずにお参りする事ができるため、ニーズが高まっています。
ただ注意しないといけないことは、合祀した場合、あとから個人の遺骨を取り出すことができなくなりますから、後でお墓を建てて遺骨を埋葬しようと思っている場合は注意が必要となります。